7月17日に大沼公民館で相続遺言セミナーを実施します。お気軽にご参加ください。

抵当権抹消って何?

多くの方はマイホームを買われた時に銀行から資金を借りています。銀行は無担保ではお金を貸さないので、購入した土地と建物に抵当権を設定します。また登記をしないと自分の優先権を他者に主張できないので、必ず抵当権設定登記をします。

抵当権はお金が支払えなくなると、競売で土地と建物を強制的に売却できる権限を持っていますので、こうして貸した資金の担保を図るわけです。その資金をしっかり返却すると銀行から抵当権抹消のための書類が送られてくるわけです。それを消すのが抵当権抹消手続きというわけです。

結構これは放っておいてしまう方が多い登記でもありますが、お勧めはできません。(と言うか、必ず抹消手続きを速やかにしておくことをお勧めします。)理由は・・・

  • 売却時に抵当権が付いた不動産は売却できない
  • 自身に相続が発生すると子どもや配偶者など相続人がその手続きを行わなければならなくなり、費用と時間がかかる
  • 銀行からもらった書類を無くしてしまうと、費用と時間がかかる

時間はかかるかもしれませんがご自身でも登記をすることは可能ですので、もしも住宅ローンを完済されたら必ず登記手続きをしておくようにしてくださいね。

ご不明な点があればこもれび司法書士事務所にご相談、ご依頼くださいませ。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA