7月17日に大沼公民館で相続遺言セミナーを実施します。お気軽にご参加ください。

司法書士業界の連帯感

おはようございます。今週も一週間が終わりました。毎日があっという間に過ぎていきます。

昨日は、朝は相続案件のお客様が物件売却のご意向なので、近所のセイケンリアルエステート様に査定をお願いに参りました。開業のご挨拶もかねてご相談したところ、快く査定を承諾してくれました。しかも即日メールと電話でご連絡。。仕事早い、そしてデキル・・・。お忙しい中、ご対応いただきありがとうございました!皆さん、とても親切で丁寧な方たちです。相模原市で不動産を売却、購入予定の方がいらっしゃいましたら、おススメの不動産屋さんです。セイケンリアルエステートの皆様、今後とも宜しくお願い致します<m(__)m>

お昼からは10年前の同期のN先生から着信をいただきました。現在はリーガルサポートという成年後見団体の副支部長でご活躍されている先生なのですが、後見案件のご紹介をいただきました。この案件なら初心者の私でもできそうじゃないかしら?とのことでしたので、右も左も分からない私は、N先生を信頼してやります!とお返事しました。新年度の目標だったので、まずはN先生からご紹介いただいた後見案件を全力でやり抜こうと思います。N先生ご連絡いただきどうもありがとうございます<m(__)m>精一杯取り組ませていただきますのでご支援のほどどうぞよろしくお願いいたします。

午後は少し落ち着いてきたところで、千葉からの着信電話が鳴りました。出てみると、以前相模原支部のS先生が紹介していただけると仰っていた決済事務所からのご連絡でした。また一つ繋がりが生まれたことが大変有難いです。以後どうぞよろしくお願いいたします。そしてお忙しい中骨を折って仲介してくれたS先生どうもありがとうございます<m(__)m>

ということで、昨日はバタバタと外出したり、電話でのやり取りが多い一日でした。

改めて凄いなと思うのは、司法書士業界の「連帯感」です。仕事のお話が次から次へと同業者の方から来る業界って中々ないですよね。普通はライバルであり競合なわけですから。それだけ公共性があり専門性と責任性のあるお仕事なのだと再認識しますし、わざわざ新人の私に仕事を振ってくれる先輩の先生方のご配慮に大変感謝しております。どうもありがとうございます<m(__)m>

自分自身はまだ司法書士というバッジに助けられているのは重々承知しております。私自身への信頼ではなく、司法書士という職業の信頼が仕事を作ってくれているという考えでいます。これは150年以上続く全ての先輩方が国民の皆様の期待に応え続けてきて築いてきた信頼の賜物です。私自身も次の世代へとバトンを繋げられるように、司法書士という仕事を活用して、多くの人たちを助けてゆきたいと改めて感じました。それを積み重ねて、自分自身を信頼して仕事を依頼してもらえるような司法書士になりたいと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。良い週末を皆様お過ごしくださいませ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA