7月17日に大沼公民館で相続遺言セミナーを実施します。お気軽にご参加ください。

23000分の23000

昨日は二度目の決済も無事終了いたしました。今回は同席の方無しで完全に自分一人で取り仕切って終えることができてホッとしています。売主様、買主様は今回も気さくな方達で雑談も盛り上がりながら、無事決済完了することができました。どうもおめでとうございます!

しっかりと書類を読み込んで、不明確な点は何もない状態で臨めたので良かったです。時間も予定時刻より30分以上早く到着してお待ちしておりました。やはり、先に「待つ」と精神的に安定するし、「場」のイニシアティブを握れます。司法書士として決済を無事に終わらせる責務がある以上、出来る全てを尽くして臨みたいと思います。

とはいえ、常に23000分の23000と言う気持ちは常に忘れずに持ち続けていたいと思います。

この数字は何かというと、司法書士の現在の全国の人数(およそ)です。即独立し(15年前に実務経験2年有りますが)、新人である私は、全ての司法書士の方々の中で最下位だという自覚と危機感を持って日々の執務に臨んでいます。これはネガティブな意味ではなくて、だからこそ、常に学び、常に進化し、常に成長し続けるという強烈なモチベーションになっています。

まだまだ実績は少ないですが、いただいた仕事は必ずしっかりと確実に仕上げてゆきます。徹底的に調べ、周りの方に時にお知恵を借りて手続きを進めて参ります。知識や経験で劣る部分は、気持ちと行動力でカバーしてゆく所存です。(黙ってベテランのふりをしていれば良いという意見も先輩から聞きましたが、経営者としての実績がないのは事実なので、誠実に、誤魔化さず自分を開示して、それでも信頼していただける方からのみお仕事を受任できればそれで良いと思っています。)

それでも私に頼んだことで絶対に!お客様の不利益にはならないように全ての力を一人ひとりの方に注いでゆく所存でいます

まだまだ至らないところだらけですが、応援していただけると嬉しいです。

今日はこれから新人研修の実践司法書士講座第2回でまた成長してきたいと思います!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA